通常赤ちゃんは、「頭位」と呼ばれる体勢(頭が下の状態)でお腹の中にいます。

逆子は、頭が上や横にある状態で「骨盤位」とも呼ばれます。

逆子というと頭が上のイメージを持っているかたも多いと思いますが、種類はいくつかあります。

「殿位」 お尻が下
「膝位」 膝が下
「足位」 足が下

横向きの「横位」も逆子の1つと言わることがあります。

私の場合、妊娠後期に入るまでの妊婦健診では、横位になったり、逆子になったりした状態で、確認したときには、いつも「頭位」ではありませんでした。

妊婦健診で逆子と言われると、とても心配になりますが、実は、妊娠中期くらいまでは、胎児は、まだまだ小さいのでお腹の中を動き回る余裕があり、30~50%くらいの人が逆子だったというくらい、珍しいことではありません。

また、最後まで逆子が治らなかった人は、全体の3~5%と低い割合です。

ですから、今、逆子で心配されている方も、治る可能性はあるので、それほど心配しなくてもよいでしょう。

とはいえ、私も逆子を経験しているので、妊婦健診の度に、心配は募りましたから、気持ちはわかります。

逆子の原因

そもそも、逆子になってしまう原因はどこにあるのか、気になったので、妊娠中調べてみました。

西洋医学では、一部になりますが、次のようなものを原因として挙げています。

母体側の原因
胎盤に原因がある(前置胎盤や低置胎盤など)
骨盤が小さいことに原因がある
子宮に原因がある(子宮筋腫で子宮が狭くなっているなど)

胎児側の原因
羊水過多
多胎妊娠(双子など)など

東洋医学では、母体側の冷えが原因になっているのではないかと考えられています。

調べてはみたものの、何が原因なのかというのは分かりませんでした。

一時期、低置胎盤になったことかもしれませんし、産後分かった子宮筋腫のせいかもしれません。

もし、はっきりした原因があり、問題があれば、かかりつけの先生に指摘されるでしょうし、自分であれこれ考えてみても、心配が募るだけなので、逆子が治らなかったら、しょうがないくらい、赤ちゃんにとって、その位置が心地よいのだろと思うようにしました。

逆子の一般的な治し方

逆子を治す方法というのもあります。代表的なものは、逆子体操、外回転術、お灸、寝方を工夫することです。

逆子体操や寝方の工夫は、医師に相談後、自分でも可能ですが、外回転術は医療行為になります。

逆子体操

逆子体操は、四つん這いになって、胸を床につけ、お尻を上げる(胸膝位)体勢になるというものです。

逆子体操をする場合は、30週くらいから始めるというケースが多いです。

母体の体の状態や胎児の状態には、個人差があるので、逆子体操をする場合は、かかりつけ医に相談しましょう。

この方法は、割と昔からあるみたいで、母親の世代もやっていたという方も多いはずです。

胎児外回転術

胎児外回転術は、文字通り、胎児を外から回転させるというものです。

最初聞いたときは、そんなことが可能なのかな?と思ってしまいましたが、この方法で逆子が治ったという方も多いです。

医療行為なので、間違っても自分でやろうなどとは考えないでくださいね。割と力も必要な方法だそうです。

リスクもあるので、最近はやらない先生も多いです。私が通っていた産婦人科でもやってないと言われました。

お灸

お灸は、東洋医学の逆子は冷えに原因があるという考え方から、冷えの解消を目的として行うものです。

「三陰交」、「至陰」というツボにお灸をします。こちらも、お灸の専門院で相談されると良いでしょう。

寝方を工夫する

自分でも取り入れやすい方法です。

赤ちゃんが向いてほしい方向になるように、寝る体勢を変えるというものです。

ただ、お腹が大きくなってくると、寝る方向によっては、体勢がつらく、なかなか寝付けなかったりすることも多かったです。

逆にストレスになってしまうこともあるので、注意が必要です。

妊娠8ヶ月の妊婦健診では逆子のままでした

私の場合、妊娠初期から妊娠後期の初め、妊娠8ヶ月(妊娠28週)の妊婦健診まで、逆子のままでした。

妊娠後期に入ってくると、赤ちゃんが大きく成長してきて、お腹の中で動くスペースの余裕がなくなってくるので、逆子が治りにくくなると聞いていたので、心配でした。

逆子が治らない場合は自然分娩は難しく帝王切開

妊婦健診で、逆子だと言われたとき、このままだとどうなるかと先生に聞いたら、自然分娩は難しいので、帝王切開になると言われました。

帝王切開の場合は、計画的にするので、良い日にちを選択して、予約をとって、出産の日が決まるということでした。

友人から、帝王切開は、出産後が辛い、2人目以降も帝王切開になる可能性が高いと言われていたため、なんとか治ってほしいと祈ってました。

妊娠中逆子対策で私がやったこと

逆子を心配して、かかりつけの先生に聞いたら、逆子体操はやってもいいけど、まだ、やらなくていいと言われました。

逆子だったら、帝王切開するから大丈夫ですよというようなことをサラリと言われました。

医者的には、無事に出産するというのが一番大切なので、そういうものなのだろうなと思いましたが、私自身は、初産は、できれば自然分娩希望でした。

先にも書いた通り、外回転術についても聞いてみましたが、当病院ではやっている医師はいないという回答でした。

あとは、横向きに寝るという方法しかないかなと思って、私の場合、先生に、どっちの方向を向いて寝たらよいかを聞いてみました。

寝やすい方向でよいけど、あえて言うなら左向きが良いかなということでした。

先生は、医学的な考え方をするので、こうした方法は、おまじない程度と考えているのだろうなと思いながらも、左向きで寝ることしました。

妊娠後期は、お腹が大きくなって重くなるので、仰向け寝は、しづらくなってくると言われます。シムス体位がおすすめとよく本などに載っています。

私の場合、逆子対策で左向きに寝ていましたが、本当のところ、ときどき仰向けになったりしたかったし、右向きに寝た方が楽でした。

逆子を治したかったので、我慢して左向きに寝ていましたが、妊娠後期の体調のせいか、寝相のせいかわかりませんが、寝づらくて、睡眠不足になることも多々ありました。

次の妊婦健診が近づいたころ、頭が下だよ、逆子治ってねと強く念じながら、お腹を時計回りになでて寝ました。(気休めにしかなりませんが。)

その時、赤ちゃんが動いた気がしました。(胎動を感じました。)

妊娠30週に逆子が治っていた

2週間後の妊娠30週の妊婦健診の日、赤ちゃんは頭が上で、逆子が治っていました。

何らかの理由で逆子が治らないこともありますが、妊娠後期になると、赤ちゃんが成長し、頭が大きくなって重くなり、自然と頭が下になるそうです。

私の場合も、自然と逆子が治ってくれたのでしょう。

ですが、私自身は、妊婦健診前に、逆子治れと念じて寝たのが効いたのだと、いまだに信じています。