私が、不妊治療で初めて受診したクリニックは、産婦人科でした。

女性特有のトラブルなど、一般的な婦人科の診療から産科の妊婦健診までもしている病院で、不妊治療についても、タイミング法だけでなく、人工授精、体外受精もできました。

待合室には、不妊治療以外にも、お腹の大きな妊婦さんもいました。

不妊治療をしているクリニックには、このような産婦人科に関連した診療全てを行っているところと、不妊治療に特化している不妊治療専門クリニックがあります。

不妊治療をする場合、何度も病院に足を運ばなければなりませんから、通いやすい場所にあるというのは大切ですが、どちらにも通ってみた感想としては、不妊治療専門クリニックの方が、妊娠に至るのが早いのではと感じます。

産婦人科で不妊治療を受けてみた感想

産婦人科での不妊治療は、割とのんびりと進んでいく感じでした。

私は、しばらく自分達で妊活をして、子供ができなかったので、早く子供が欲しいという思いがあり、病院を受診しました。

また、年齢が高くなればなるほど、卵の質や妊娠力が低下するということが心配でした。

そういった理由から、妊活に焦りもあり、夫も私も1周期1周期が勝負というような気持で受診していました。

ですが、そういったこちらの熱量と、産婦人科の先生の熱量が違う気がしました。

また、何もわからないまま、妊活や不妊治療に通ったわけですが、こちらから質問しないと、有用な情報を聞き出すことはできませんでした。

この方法でやってみてダメだったら、こうした方法も選択できるといったアドバイスや、この方法は、だいたい何回くらいまでやってダメだったら、次の方法を試してみることもできるといった提案みたいなのもなく、治療に通っているのに、自分たちで情報を集めて、この方法できますか?というように、こちらから聞かないといけませんでした。

当初、私には、不妊治療の知識がなかったため、質問力もなく、いつも、ふわっとした何とも言えないもどかしい感じで受診が終わりました。

このままでいいのだろうか、こんな感じで毎周期終わっていくのだろうかと、不安や焦りが募りました。

そこで、不妊治療専門クリニックに転院を検討することにしました。

もちろん、こうした産婦人科ばかりではないと思いますが、その後、不妊治療専門のクリニックに行ってみて、全く対応が違ったので、私は、産婦人科の不妊治療よりも、不妊治療のみを行っている病院の方が、より専門的で頼りになるという印象を持っています。

不妊治療専門クリニックを受診した感想

産婦人科の不妊治療に納得がいかず、転院する不妊治療専門クリニックを探しました。

不妊治療には、国や自治体から助成金が支払われることがあります。

私が調べた自治体では、助成金の対象になっている医療機関と対象になっていない医療機関がありました。

自治体の助成金対象になっている医療機関の一覧があったので、それを見ながら、通えそうな不妊治療専門クリニックを探しました。

ちなみに、最初に通った産婦人科は、不妊治療助成金の対象外でしたので、そこで受けた不妊治療は、全額自己負担でした。

確定申告で、医療費控除を申告しました。

不妊治療専門クリニックは激混みのところが多い

不妊治療専門クリニックを探すにあたって、最初は、家から近いB不妊治療専門レディースクリニックに電話してみました。

Bレディースクリニックは、口コミや評判がとてもよい病院で、人気がありました。

電話して聞いたところ、なんと、来年まで予約が埋まっていると言われてしまいました。

評価も良いクリニックだったからというのもありますが、そんなに不妊治療を希望している人がいるのかと驚きました。

さらに、話を聞くと、午前中に行っても診療までに待ち時間が3時間以上かかることもあり、午後になってしまうこともあるのだとか。

私が通える専門クリニックはあるのだろうかと焦りました。

来年になってしまうけど、とりあえず予約をとって、他のクリニックを探すことにしました。

次に受診したクリニックは、先生の評判がよく、実績があるクリニックで、こちらは、割とすぐに予約が取れましたが、予約したのに、その日受診する方がとても多く、病院の廊下や外で待っている人がいるくらい多かったです。

診察室に呼ばれるまで、とても待たされました。

不妊治療リニックの方がより積極的な診療をしてくれた

Bレディースクリニックは、予約で半年くらい待つことになり、結局受診しませんでした。

その後、2ヵ所の専門クリニックを不妊治療相談で受診しました。

現状を話すと、私の場合、どういった治療方法があるか、どのような感じで不妊治療を進めていったらいいのかといったことを提案してくれました。

(もちろん、どうするかという選択は、こちらで行うことができます。)

また、その方法についても、詳しく説明してくださり、なぜ、その方法が良いのかというのも教えてくれました。

診療の内容も産婦人科とは違いました。

私は、どちらでもタイミング法の指導を受けましたが、婦人科の場合は、基礎体温表とエコーのみで排卵日を予測しました。

一方、不妊治療専門クリニックでは、毎回、血液検査を行い、ホルモン値の測定をして、排卵日近くの受診日には、エコーで確認して、排卵日を予測しました。

産婦人科での不妊治療と不妊治療専門クリニックでの治療の比較

産婦人科でも体外受精まですることができることがありますが、経験上、不妊治療専門クリニックでの不妊治療の方が良かったです。

その一番の理由は、先生やスタッフの不妊治療に対する熱量です。

不妊治療を受ける方は、皆、早く子供が欲しいと思っていますよね。

排卵は1周期に1回です。約1ヵ月に1回しかチャンスはありません。年に約12回しかチャンスはないのです。

1周期1周期がとても大切になるわけです。

皆さんそれぞれ、その1周期に込めている想いがあると思いますが、その想いに応えてくれる病院が一番良い病院だと、私は考えます。

産婦人科であっても、そうした想いに応えてくれる病院なら良い病院だと思います。

でも、なかなかそうした産婦人科というのは少ないと思います。患者は、不妊治療の患者のみではありませんから。

やはり、専門でやっている先生やスタッフの方の方が、そうした想いに応えてくれるでしょう。

また、不妊治療専門クリニックの方が、検査や治療が積極的ですし、治療の選択肢も多いと思います。

設備なども、産婦人科では、限界があることが多いです。

最初に、どういう風に治療していくのかという説明もありました。

今までの、妊活や不妊治療を伝えた後、あなたの場合は、まずは、ここから始めてみて、それで妊娠しなければ、こういう方法があるなど、説明をしてくれたので、計画的に妊活ができました。

先が見えない中で、同じ方法を何度も試すというのは、このままでいいのかという不安があります。

だいたいどれくらいしたら、ステップアップを考えていいのか、自分の場合は、どういう方法が良いのかといったことを、説明してくれた方が、安心します。

産婦人科の場合は、採血や薬が出されることは、あまりなかったですが、専門クリニックの場合は、ほぼ毎回採血して、ホルモン値などを診ていたようで、より詳しく検査をしてくれていたと思います。

また、一回一回が勝負だということも、とても理解してくれて、患者に寄り添った治療をしてくれているというのが伝わってきました。

いろいろなクリニックがあると思いますが、やはり同じ熱量を持ってくれる病院を選べるなら選んだ方が良いと思いました。

初診料がかかってしまいますが、治療を受ける前に、不妊相談で受診し、自分に合った病院を探してみるのも良いでしょう。

また、最近は不妊治療の説明会を行っているクリニックも多くあります。

不妊治療といっても、病院によって、考え方が違っていて、やり方も若干変わります。説明会を聞くことによって、その病院の特徴を知ることができますし、不妊治療がどういうものかも知ることができます。