妊娠の届け出をすると、母子手帳、妊婦健診の補助券、市役所が行っている妊娠・出産に関するサービスなどが載った冊子や企業の妊婦さんやママ向けサービスが載ったチラシなどをもらいました。

そして、一緒に、マタニティーマークが入っていました。

実際、手にすると「これが、マタニティーマークかぁ」と感動ものです。

ただ、市役所がくれたマタニティーマークは、思っていたより大きいサイズのもので、「私、妊娠してますから!」と凄く強調しているみたいで、カバンには付けづらかったです。

「おなかに赤ちゃんがいます」のマタニティーマークを付けるか否かに悩む

マタニティーマークは、つけていたことでトラブルに合ったなどのあまり良くないニュースもあるので、カバンにつけるかどうか迷ってしまう人もいると思います。

私は、そんなニュースに惑わされ、かなり迷いました。

マタニティーマークを見て、嫌な思いをする人がいると思うと、なんだかつけるのに抵抗を持ってしまいます。

それに、危害を加えられたなどというような話を聞くと、赤ちゃんを守らなければって思います。

ただ、付けないことが本当に赤ちゃんを守ることになるのかは分かりませんが。

私は、カバンには、ほとんど付けなかったです。

理由は、上記のような理由もありますが、一番の理由は、周りに気を使ってもらうのが心苦しかったからです。

その代わり、何かあったときに、妊婦ということが分かってもらうように、定期券につけたり、すぐ出せるようにカバンの内ポケットの中に、しまってました。

マタニティーマークの本来の意味

厚生労働省の公式サイトによると、”妊娠・出産に関する安全性と快適さの確保を目指し、マタニティマークを発表”したそうです。

・妊産婦が交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするもの。
・さらに、交通機関、職場、飲食店、その他の公共機関等が、その取組や呼びかけ文を付してポスターなどとして掲示し、妊産婦にやさしい環境づくりを推進するもの。

そんなこともあってか、交通機関を利用する人の中には、マタニティーマークを見ると「妊婦だから席を譲って下さい。」というようなプレッシャーに感じてしまう人もいるようです。

交通機関を利用している人は、皆それぞれに事情を抱えていて、席に座りたいって思って座っているけど、目の前に妊婦さんがいたら、「譲らなきゃ」という思いと「座りたい」っていう思いとで、ジレンマを感じちゃうんでしょうね。

マタニティーマークは見た目で分からない妊娠初期が一番必要

私は、現在、妊娠、出産を経て子育て中ですが、妊娠や子育ては、実際、自分がそういう立場になってみないと分からないことがたくさんです。

交通機関の利用についていうと、ベビーカーを利用していたら、エレベーターを利用しないことには、ホームまで行けないということが分かりました。

子供がいなかったときに、エスカレーターや階段でも良かったのに、私がエレベーターを利用することで満室になって、どこかのママさんが困っていたのでは?と反省しました。

妊娠中、つわりや体調不良で、たまらず席に座りたかったのは、妊娠初期でした。

でも、妊娠初期は、外見からは気づかれないので、そういうときにマタニティーマークは助かります。

つわりがつらかったり、お腹の中の赤ちゃんが心配で、席に座っているとき、前にお年寄りがきても、マークをつけていることで、「ごめんなさい。辛くて譲れません!」と分かってもらえると思うからです。

私自身の経験を言うと、席を譲ってほしくて、マタニティーマークを見えるように付けたことはなく、席に座りたいときは、時間に余裕をもって、席が座れるまで、電車やバスを見送ったりして、乗っていました。

でも、妊娠初期は、席を譲ってもらうために、マタニティーマークを付けることも必要かと思います。

赤ちゃんの命がかかわってきますから。

マタニティーマークは安全性の確保の意味もある

妊娠初期はとても大事な時期です。

安定期は一般的には妊娠5ヶ月(妊娠16週)からなので、それまでは、赤ちゃんを守るためにも、できることはしておいた方が良いです。

また、つわりや体調も個人差があるので、妊娠5ヶ月を過ぎても、自分の体と相談しながら無理をしないのが一番です。

良くないニュースもあるけど、実際は、親切な方の方が多いです。

お腹が大きくなって外見から妊婦と分かるころには、妊娠が安定してしてきて、バスや電車でも立って乗っていても、つわりが酷かったころに比べれば平気でした。(お腹の赤ちゃんの負担にならないように、とても気を使いましたが。)

それでも、見た目は、お腹が大きいことで妊婦と分かるため、席を譲っていただくなど、周りの方に、とても親切にしてもらえました。

妊娠中は、外出中に急な体調の変化に見舞われることもあります。

万一、倒れたりして、救急搬送などされたときに、マタニティーマークをつけて妊婦だとわかりやすくしておくと、妊婦に適した初期対応をしてくれると思うのです。

妊婦には使えない薬とかもあるので、妊婦だと分かってもらうことは、本当に大切です。

さらに言うと、外出時には、母子手帳も携帯しておくと安心です。

実際にいた!妊婦に敵意を持った人に遭遇

私が妊娠していないころ、妊婦の友人と歩道を歩いていたら、前から来た男性とすれ違う時に、妊婦の友人が、肩にぶつかられて、車道に出てしまうような形になってビックリしたことがあります。

車道と言っても、ほぼ歩行者天国状態だったので、車通りも少ない場所だったので良かったです。

妊婦なのに強くぶつかられたということに、とてもびっくりして、「大丈夫?」と大声で叫んでました。

出産がもうすぐだったので、お腹が大きく、外見からも妊婦と分かる感じだったから、相手の男性はわざとだと思います。

相手の方は、スッキリしたのでしょうか。心の中で喜んだのでしょうか。

友人やお腹の中の赤ちゃんが心配になったのと同時に、赤ちゃんの命にもかかわるので、とても恐ろしいことをする人だなと思いました。

友人は、怒っていました。精神的にもダメージを受けたと思います。

マタニティーマークや妊婦に不快を感じる女性もいる

マタニティーマークや妊婦を嫌っている女性もいます。

周りにいた妊婦の方が、妊婦様っぽかったり、不快な思いをさせられたりしたからというのが理由だったり、子供ができないから、結婚できないから、妊婦の方には、優しくできないという人もいます。

実際、不妊治療クリニックでは、子供お断りのところもあるくらいなので、妊婦を見るのも嫌という女性がいてもおかしくないですよね。

不妊治療は出口の見えないトンネルのようなものなので、長く続けていると、鬱っぽくなったり、他人に優しくできなくなったりする女性の気持ちも分からなくないです。

また、職場での、出産育児休業を取る社員よって、振り回される社員の気持ちも分からなくもないです。

私も、独身のころは、同僚の出産育児休業に振り回されまくりで、残業の嵐で、こんなんじゃ婚活すらできません!って感じでしたから。

こっちは振り回されてるのに、偉そうな態度を取られたら、やっぱり不快な思いをしてしまいますよね。

ただ、今まで妊婦さんに、優しく接してきて良かったなと思います。

その人の気持ちは、その立場になってみないと分からないです。

忍耐強い人は、妊娠しても普段通り、周りへの気遣いができる人なのかもしれませんが、体調がすぐれない時は、周りへの配慮が行き届かないこともあると思います。

それに、妊婦さんがとても嫌な態度だったとしても、お腹の赤ちゃんには、関係のないことです。

妊娠してお世話になったら周りに感謝の気持ちを伝えることも必要

妊娠したら、自分が思っている以上に、周りの人たちは気を使ってくれています。

体調がすぐれなくて、周りへの配慮が行き届かなかったり、大きな態度をとってしまったりすることもあると思います。

気遣いをしてくれているので、職場の人や家族から、言われることはありませんが、そういう時に、周囲が不快な思いをすることが少なくありません。

感謝の気持ちを、時々言葉にして伝えることで、相手の気持ちが、フッと軽くなることもあるので、なるべく伝えるように心がけることも大事だと思いました。

マタニティーマークの配布場所

私は、マタニティーマークを母子手帳の交付と同時に貰いましたが、サイズが大きかったので、皆が付けている小さめの歯どこにあるのだろうと思い、調べました。

そして、近くの駅の窓口でもらいました。

マタニティーマークは、自治体以外にも、鉄道事業者の窓口でも貰えます。

私の場合、駅の窓口でもらったものが丁度良いサイズでした。

他にも、雑誌の付録でついてきたり、ANAやJALなどの航空会社でも貰うことができます。

雑誌をその為に買うのは躊躇したので、駅の窓口でもらいましたが、航空会社でもらえるとは知りませんでした。

私の場合は、重いつわりで、寝込んでいることが多く、マタニティーマークについて楽しむ余裕がありませんでしたが、雑誌の付録や航空会社のものは、デザインや形が違うので、余裕がある方は、お気に入りのものを探してみるのも良いですね。