私が産婦人科から不妊治療専門クリニック転院した理由は、主に次のようなことからでした。

  • こちらから質問しないと情報が得られない。
  • はっきりした治療方針が示されず毎周期が何となく終わっていくという感じだった。
  • 先生からの提案や他にどんな方法があるのかといった話がない。
  • 不妊治療助成金の指定医療機関ではなかった。
  • 自分達で妊活しているのとほぼ変わらない感じがした。

この時期、私が病院に求めていたこと

通った産婦人科は、人工授精や体外受精ができる病院でしたが、そうした話は、先生からはありませんでした。

通い続けていくうちに、タイミング法で数回うまくいかなかったら、そういう話があったのかもしれません。

ただ、早く妊娠したいと願っていたので、妊娠成功するためには、どんな方法があるのか、このままでいいのかといつも考えていました。

タイミング法をどれくらい続けるのかという話もなく、このまま、タイミング法を何ヶ月も続けていくのかなと不安になりました。

こちらから聞いて、タイミング法は、だいたい6回が目安と言われましたが、そうした話を、最初にして欲しかったです。

もちろん、人工授精や体外受精にステップアップするかは、患者の判断にはなりますが、どういった選択肢があるのかということが分からず、先が見えない中で不妊治療をしていたので、自分達で妊活していた時とあまり変わらない気持ちでした。

病院へ通うメリットがほとんど感じられないまま、3周期が過ぎました。

人工授精ができたことは、病院に通ったメリットだと思いますが、私が求めていたのは、技術的なものはもちろんですが、妊娠を成功させるための、専門家のアドバイスや提案でした。

妊娠を成功させるために、この病院で受けれる不妊治療とはどういうものがあるのか、どんなタイミングでステップアップを考えたらよいのかというようなことです。

3周期目の人工授精の後、産婦人科にかかりつつ、助成金の医療機関一覧を参考に、不妊治療専門のクリニックを探しました。

評判が高い不妊治療専門クリニックを受診しましたが、病院のシステムや雰囲気が合わなかったので、別の病院を探していたら、評判などの情報は少なかったものの、不妊治療を専門にしているDクリニックを見つけました。

通っている知人などもいなく、どんな病院かよくわからないため、とりあえず行ってみて話を聞いてから考えようと思い、相談のみで受診することにしました。

病院に電話したら、相談のみでもOKということでしたので、行ってみることにしました。

その後、体外受精までお世話になることになったDレディースクリニックは、自宅からはかなり距離がありましたが、よい治療が受けれるならという気持ちで頑張って通いました。

私の場合、仕事の都合をつけれたので、通い続けることができましたが、スケジュール調整が難しい仕事をされている方は、不妊治療に病院に通い続けるということは、とても大変なことだと思います。

不妊治療専門クリニックは初診から対応が違った

産婦人科にかかったときも、初診は相談のみでしたが、不妊治療専門クリニックの初診は、全然違うものでした。

相談のみの予定でしたが、血液検査をした方が、治療方針をより詳しく話すことができるということだったので、採血をしてもらいました。

産婦人科の方は、個人病院でしたので、医師は基本1人、スタッフの数も少なかったですが、Dレディースクリニックには、先生が何人もいましたし、看護師も多かったです。

患者さんの排卵日は、それぞれ違いますし、休診日にあたってしまこともありますよね。

医師が1人と言うことは、診察にも限界があるのではないかと思います。

不妊治療クリニックの初診は、院長先生でした。

今までの妊活や病院での治療の経緯などを話し、前回、排卵の確認ができなかったため、今周期妊活できるかといったことも相談しました。

一通りこちらから今までの経過を話したら、院長先生から、この病院では、こうした治療方針で行っていきますということを明確に示してくださいました。

その治療方針も、私の今までの妊活の経過を考慮し、あなたの場合は、この方法で〇回くらいやってみて、もし、それでも妊娠できない場合は、この方法を試した方が良いかと思いますというような説明の仕方でした。

その理由についても説明してくださり、とても分かりやすく、納得しやすかったです。

今まで、どんなふうに妊活進めていったらいいかわからなかったのが、道しるべのようなものを示してくださったので、とても助かりました。

病院の先生は、とても知識が豊富な人が多いと思いますが、話をすると、何が言いたいのかよく伝わらないということがありますが、院長先生は、素人にもわかるように、理路整然と話してくださいました。

この先生なら信頼できそうだと思い、この日にDレディースクリニック転院することを決めました。

このクリニックは、先生が数名おり、指名もできなかったので、実際の診察では、なかなか院長先生にあたることはありませんでした。

いろんな先生に診てもらいましたが、院長先生以外でよく当たった先生は、とてもおしゃべりで気さくで話しやすい先生、寡黙そうで口数が少ない先生、新人の先生などがいらっしゃいました。

時々、女医さんも見かけることがありました。

いろんな先生に診てもらいましたが、やはり、一番診てもらいたかった先生は院長先生でした。

待合室に貼られた曜日ごとの担当医表を見ながら、できるだけ院長先生がいる時間帯を狙って、予約するようにしました。

【初診にかかった費用】
3,000円(千円未満四捨五入)