通っている産婦人科での診療を続けていくことに疑問を感じた私たちは、不妊治療専門のクリニックに転院することにしました。

探して受診したクリニックが、良さそうなクリニックでしたので、転院することにしました。

転院するにあたり、紹介状を用意してもらうように言われました。ただ、紹介状をどんな風にお願いしたらよいか迷いました。

通っていた産婦人科は、私たちには合わなかったけれど良い病院でしたので、転院するということを伝えるのも心苦しかったです。

ちゃんとした紹介状がもらうことができなかった

紹介状はお願いしづらいなと思っていたので、転院先の受付に、紹介状が必要か聞いてみました。

出来ればあったほうが良い、もしもらえないなら、それまでの経過などが分かるものでも良いとのことでした。

受付の方に、紹介状をお願いしましたが、たまたま、よく分かっていない方に聞いてしまったのか、今までの治療の内容をコピーしたものでも良いかと言われてしまい、こちらもお願いしづらかったので、それをいただくことにしました。

普通は、紹介状をお願いしたら、治療経過などを書いた紙が入った封がされた封筒に、転院先のクリニック名(と担当医の名前)を宛名としたものをくれるはずなんですが。

結局、これで治療内容が伝わるのかな?というような、カルテをコピーしたような紙1枚を、新しいクリニックに提出するしかありませんでした。

その代わり、発行手数料などはかかりませんでした。

診察時に、先生に紹介状がほしい旨を伝えれば、ちゃんとした紹介状をもらえたのかもしれません。

先生と話してお世話になったお礼を言いたかったのですが、もう、その周期は、別の病院にかかりたかったので、紹介状は受付にお願いするかたちになり、患者さんも待合室でたくさん待っていたので、結局、先生にはお礼も言えず転院してしまいました。

転院時の紹介状がない場合は検査をやり直すことになる

転院時の紹介状をもらいづらければ、それまでの治療の経過を伝えることで対応してくれる病院もあります。

転院時の紹介状を頼みづらい場合は、紹介状無しでも転院はすることができます。

ただ、紹介状無しの場合は、血液検査や精液検査などを1からすることになるので、その分、費用や時間が掛かってしまったり、再度検査をするので、体への負担がかかってしまうというデメリットがあります。

先生に転院する旨を伝えずフェードアウトしてしまった

私の場合、先生に転院する旨を伝えず、フェードアウトしてしまいました。

私のように不妊治療で転院する方で、先生に伝えず、リセットした時点で、病院を転院するという方も多いみたいです。

(周期の途中の場合は、途中で治療を辞めたいことや転院することは伝えた方が良いと思います。治療が途中になってしまうので、次の周期に影響することがあるかもしれないからです。)

病院を転院したいと思っても、いままでお世話になった分、転院しますというのが心苦しかったり、紹介状を書いてもらうのが頼みづらいからです。

もちろん、本来なら、転院する旨を伝えたり、挨拶をした方が良いと思いますが。

不妊治療の場合、病院が合わず、転院する方は多いです。

不妊治療は、病院によってもやり方が微妙に違いうので、不妊治療をしていくうちに、自分の体には合わないのでは?、違う病院だったら、もう少し成功率が上がるのでは?とか、もっと高度な技術がある病院に通った方が良いのではないか?と思うこともあります。

病院が合わなかった場合、本当の理由を言って紹介状を書いてもらうというのは心苦しい場合は、通勤の関係で通いやすい場所にある病院に転院したいなどといった理由付けでも良いでしょう。

紹介状がなくてもよいなら、そのまま、何も言わすフェードアウトしてしまうのもアリですし、転院することを伝えず、しばらくお休みしたいということでも良いと思います。

また、一般的に紹介状は、医師にお願いしなくても、受付に伝えれば書いてもらえることもあります。

それに、転院の理由については、細かく聞かれないこともあります。

不妊治療の場合、クリニックを転院される方は多いので、先生も慣れています。

こちらが思っているほど、気にされていないようです。