不妊治療を行っている病院は、産婦人科、レディースクリニック、ウィメンズクリニックなど、いろいろなネーミングがあります。

「産科」は、妊娠・出産に関することを診てもらえる病院。

「婦人科」は、生理不順や更年期障害など女性特有の症状を診てもらえる病院です。

「産婦人科」は、上記のどちらも診てくれる病院です。産科は、妊婦健診は受け付けるけど、分娩(出産)は受け付けていない病院もあります。

「レディースクリニック」や「ウィメンズクリニック」は、産科、婦人科、産婦人科をカッコつけて言っただけで、診療項目については、そこそこで違います。

不妊治療は、普通の産婦人科で、不妊症として診てくれる病院もありますし、不妊治療を専門にしている病院もあります。

産婦人科の場合は、妊娠後は、そのままそこで受け入れてくれるところが多いですが、不妊治療専門病院の場合は、妊娠したら、産科のある病院に転院することになります。

不妊治療をしている病院は、不妊症の患者に配慮するということで、「お子供様連れお断り」の病院もあります。
(二人目を望む方にとっては通いづらいですが。。。)

二人目を望む方で、不妊治療の病院に通う場合は、子連れで通っても良いか問い合わせておいた方が安心です。

不妊相談で産婦人科を受診

私が初めて不妊治療に通ったクリニックは、不妊治療専門の病院ではなく、産婦人科でした。

産婦人科ですから、お腹の大きな妊婦さんも、月経不順などで通っている女性も、更年期障害で通っている女性もいました。

不妊治療も診療項目にありました。

本当は、不妊治療をするなら、不妊治療専門の病院に通った方が良いのですが、初めは、不妊治療に病院に通うということに抵抗がありました。

そんな風に感じていた私にとっては、産婦人科の方が、相談しやすかったのです。

どんな病院か分からないので相談のみで受診してみた

不妊治療で通う場合、その病院に通い続けることになります。

通いなれた病院なら、先生がどんな人なのか、どんな病院なのか分かっていて、信頼もできるから、通いやすいですが、初めて通う病院の場合は、そのまま通い続けたいと思うかどうか分からないですよね。

それに、私は、まだ不妊治療を受けるということを足踏みしている状態で、悩んでいました。

産婦人科に行ってみようと決めたときは、通い続けるかどうかまで決めてなかったので、不妊の相談のみで受診してもよいかということを先に確認して受診しました。

予約は不要で、生理3日目に受診するように言われました。

後に通う不妊治療専門のクリニックでも、不妊治療する周期のスタートは生理3日目に病院へ行くようになっていました。

受診したA産婦人科は良い印象の病院でした

私が最初に通ったA産婦人科は、先生も看護師も受付の方も、申し分なく、感じの良い方ばかりでした。

待合室には、ウォーターサーバーもあり、妊婦さんなどへの配慮も伝わってきました。

初めて受診したときは、相談のみで内診はなかったです。

自分達でこのまま妊活するか、不妊治療を受けるかを悩んでいたので、現状を話して、病院でできる不妊治療は、どういったものなのか、どれくらいの費用がかかるのかなどを聞きました。

A産婦人科の院長先生は、温和で穏やかな感じの先生でした。

先生の人柄もあってか、人気があり、待合室は、いつも患者さんでいっぱいでした。

婦人科や病院の先生が苦手な私でも、相談しやすい先生でよかったです。
(後に受診するCレディースクリニックに最初に通っていたら、不妊治療を躊躇していたかもしれません。)

A産婦人科にもデメリットはありましたが、最初に通う不妊治療先としては、とても良いクリニックを選択できたと思っています。

精液検査は簡単に受けれた

夫が精液検査を希望していたため、前日に、容器のみ病院でもらいました。

精液検査を受ける場合は、自宅採精する方法と、病院で採精して検査してもらう方法があります。

男性の精液検査は、採精後提出するだけなので、特に病院へ行く必要はありません。

通っていたA産婦人科は、男性患者は、ほとんどいなかったし、婦人科が主という感じの病院だったので、採精室は用意されていませんでした。

精液検査は、持ち込みのみ受け付けていたのだと思います。

(もしくは、トイレを利用しても可というところだったのかもしれません。)

後に通った割と大きな不妊治療専門クリニックには、採精室が用意されていました。

病院によっては、トイレで採精してくださいというスタンスのところもあります。

トイレというのは、男性もしづらいのでは、、、と思ってしましますが。

自宅採精の場合の精液検査の持ち込み時間

自宅採精して病院へ持ち込む場合、気になるのが持ち運んでいる間に、精子の状態が変化してしまわないかという点です。

私は、気になったので、先生に聞いてみました。

私の場合、病院に到着するまでに1時間くらいかかるし、採精して、行く準備をしてなどを考えると、2時間くらいの余裕は欲しかったので、2時間くらいかかっても大丈夫かという点を確認しました。

先生は、「2時間くらいなら、全く問題ないです。」と言われました。

その後転院した不妊治療専門クリニックで、体外受精をしたときは、4時間以内なら運動率などに影響はあまりないということでした。

この辺は、病院によっても、指導の仕方が違い、短めだと、「2時間以内」、長めだと「5時間以内」と指導される病院があります。

検査結果にも影響を及ぼすので、精液検査を受ける際は、事前に確認しておくと安心です。

精液検査の結果は、当日に出ることが多いですが、病院によっては、次回の受診の時と言われることもあります。

精液検査にかかった費用

A産婦人科の精液検査の料金は、3,240円(税込)でした。

精液検査の料金は、病院によって異なります。

保険適用外の場合、1万円以上することもあると聞いたことがありますが、それはちょっと高すぎだと思います。

私が通ったA産婦人科の3,000円という料金は、安い料金に区分されるでしょう。

病院でできる不妊治療の主な内容

D3(生理3日目)のこの日は、相談と、不妊治療について話を聞くだけで帰りました。

家に帰って、2人で話し合い、不妊治療でA産婦人科に通ってみることにしました。

病院でできる主な不妊治療は、次のようなものです。

  • 不妊症の検査
  • 経腟超音波検査によるタイミング法
  • 薬や注射を使用した排卵誘発法
  • 採取した精子を子宮内に注入する人工授精
  • 精子を採取し、卵子を取り出して体外で授精させて体内に戻す体外受精(顕微授精)

一般的には、不妊症の検査をして、タイミング法、人工授精、体外受精へとステップアップしていきます。

不妊の原因によっては、いきなり人工授精や体外受精から始められる方もいますし、病院から体外受精を勧められても、いきなり体外受精ではなく、徐々にステップアップするという方もいます。

A産婦人科は、個人病院でしたが、人工授精、体外受精も受け付けていました。

自己タイミングでうまくいかなかった私たちは、病院でのタイミング法と妊娠しない原因はどこにあるのかということを探るため不妊症の検査をすることにしました。

次の受診では、記録していた基礎体温表をみてもらうこと、内診・経腟超音波検査(エコー)をしてもらうことにしました。

子宮がん検診もしばらくしていなかったので、一緒にしてもらうことにしました。

【A産婦人科の初診にかかった費用】
6,000円(千円未満四捨五入)
(精液検査代含む)