妊娠判定日を終えてから以降は、1週間おきに病院を受診しています。

ET25(移植日から25日目)、この日は卵黄嚢の確認の日でした。

前回の診察で、「次回は、胎嚢が大きくなり、輪っかが見えるのかを確認する。」とのことでした。

「輪っか」というのは、「卵黄嚢」のことです。

「ホワイトリング」とか「エンジェルリング」といった素敵な呼び方をすることもあります。

初めて心拍が確認できた!

この日は、血液検査と超音波エコーでした。

受付を済ませ、採血後、待合室で順番を待しました。

2週間前に、妊娠判定はいただいていたものの、まだまだ安心できない日が続いていました。

初めての妊娠で、いつ安心して良いのかもよくわかりませんでした。

卒業するまでは、1回1回の診察が気が抜けません。

番号を呼ばれたので、診察室へ。いつものように、ホルモン値の結果から聞きました。

ホルモン値は良好でした。ホッとした後、いよいよ超音波検査です。

顔の横にあるモニターを見ていると、胎嚢が映し出されました。

前回は、あずきくらいの大きさだった胎嚢がはっきりと分かるくらい大きくなっていました。

先生が「動いているのが分かりますか?心拍ですよ。」と説明してくださいました。

今日は、輪っか確認の日だと思っていたので、まさか心拍が確認できると思ってなくて、想定外でとても嬉しかったです。

確かに、モニターを確認すると、動いているのが分かりました。

初めて見る心拍に、とても感動しました。

卵黄嚢の確認もできた

少しの間、心拍が確認できた感動に浸っていましたが、前回見えると言われていた「輪っか」が見えないことに気が付きました。。

輪っかは無くていいのかな?と急に不安になって、先生に質問すると、とモニターを指しながら説明してくれました。

教えてもらわないと分からなかったですが、輪っか(卵黄嚢)も確認できました。

超音波エコーを終えて診察室に戻ったとき、先生から出産予定日を教えてもらったのですが、卵黄嚢と心拍まで確認できて、とてもうれしく、舞い上がっていたので、予定日が何日かというのを、あろうことか忘れていしましました。

出産予定日は大事なことですが、そのときは、出産というのは、ずっと先のことのように思え、とにかく1回1回のお腹の中の状態を確認するというのが重要で、先のことまでは考えられませんでした。

出産予定日は忘れてしまったけど、また、今度の受診の時に確認しようと思って、夫にラインで結果報告し、会計をすませて帰りました。