タイミング法を数回試した後、私たちは早々に人工授精にシフトしていくことになります。

年齢的な焦りももちろんありましたし、絶妙のタイミングで性交に及んだ結果がことごとく陰性だったため、このままタイミング法を続けても良い結果が出ない気がしたからです。

不妊の原因は幾通りもあるため、それが人工授精を行うことでクリアできるのであれば、早めに試してみたいという気持ちが私たちを後押ししたのだと思います。

以下、私が人工授精の体験を通して気づいたことになります。

人工授精で改善されることとは

不妊治療クリニックで行う人工授精とは、事前に男性側から提供してもらった精液を、シリンジやカテーテルを用いて、直接パートナー女性の子宮内に注入することをいいます。

子宮に直接精子を注入するということは、子宮には精子がいるということです。

何が言いたいかというと、仮に「子宮に到達する前に精子が力尽きてしまうという」ことが原因で毎回自然妊娠がうまくいかないなどの理由であれば、人工授精をすることで、そこはスキップできるわけです。

「子宮にダイレクトに生きた精子を届けてるのだから、妊娠率はかなりアップするのではないか」

私たち夫婦の人工授精へのチャレンジは、このようなかなり大きな期待から始められたのでした。

人工授精は男性の精液採取が必要

人工授精ですが、事前に男性側の精液採取が必要になります。

人工授精する当日に、専用の容器に入れた精液を持参するか、クリニック内の採精室で採取するのかどちらかの方法で精子を採取することになります。

私の場合、クリニック側から事前にプラスチック製の容器を渡されましたので、それに射精した精子を入れたものを妻に持たせました。

採精は、雑菌を洗い流すために手を念入りに洗った後で行いますが、消毒用の石鹸が精子に混入してもまずいため、ハンドソープは時間をかけて綺麗に洗い流しました。

本当は、病院の採精室で採精した方が鮮度が良い状態で病院に提出できるため望ましいとされているのですが、仕事の都合上、家での採精を選ばざるを得ませんでした。

鮮度が高い精子の方が望ましい

先ほども触れましたが、射精してから時間がそれほど経過していない「新鮮な精子」が望ましいとされています。

かといって、人工授精の都度、採精室で採精するのも働いている男性からしたら難しい話ですよね。

私の場合、自宅で採精したのですが、妻が病院に出かける直前に採精することで、極力鮮度の良い精子を提出するよう心掛けました。

精液は人肌にあたためた状態が望ましい

また精子は熱にも弱いですが、寒さにも弱いとされています。

病院から「出来るだけ人肌にあたためて持ってきてください」と言われていたので、当時冬だったこともあり、念のため容器をタオルに包んで、保温バックに入れて運びました。

文字通り、お腹や胸などで容器を覆い、直接肌であたためながら病院まで運んだり、仕事の都合がつくのであれば、病院の採精室を利用するのが、保温的な面からも、鮮度的な面からも、最も理想的かもしれませんね。

ただ「人肌で保温」と言っても、ホッカイロ(ホカロン)などを使用すると高温になりすぎるので、よくないというようなことも言われているので注意が必要です。

精液採取方法はマスターベーションで

精液採取方法は、一般的に自慰行為(マスターベーション)で行います。

エッチな本やアダルトビデオを見て射精する人もいれば、何もみず空想の世界で射精できる人もいるでしょう。

精液が採取できれば良いわけですから、方法は慣れた方法が良いと思います。

ただ、大事な精液に雑菌や不純物が入るのは望ましくないため、「オナホール」や「テンガ」などの小道具は使わず、綺麗に洗った手で射精するのが望ましいと考えています。

包茎の人は恥垢が混じらないように気を付ける

男性器が包皮で覆われている包茎の人は、精液に恥垢(チンカスとも呼ばれますが)などの不純物が混じる可能性が高いため、該当する人は、ペニスの皮を剥いた状態で射精したほうが望ましいと聞いたことがありましたが、私の場合包茎ではないので、特に気にしませんでした。

仮性包茎の人は、皮が剥けるので心配ないと思いますが、真性包茎のように皮の入り口が狭すぎて皮が剥けなかったり、カントン包茎のように皮を剥いた状態で勃起させると激痛が走る場合など、皮を剥いたマスターベーションが難しいケースもあると思います。

その場合は、射精の前に、包皮と亀頭の間の恥垢を出来るだけ外に掻き出せばいいと思うので、事前にシャワーの水圧を利用して、包皮口の中に水を入れ、少しでも中に溜まっている汚れを洗い流すのが良いのではないかと思います。

以上、人工授精のための精液採取の流れと注意点について、私が当時気を付けていたことについて書いてみました。

人工授精は、月に一度しかなく、費用も高額になる治療になるので、精液の採取方法、運び方にも、工夫できるところはした方が良いと思います。

病院に行かず自分たちで人工授精を行うことも可能

病院に通院する時間がどうしても取れない方や、人工授精の費用が払えない方は、自分で人工授精する方法もないわけではありません。

セルフシリンジ法と呼ばれる方法で、あらかじめ容器に採精しておいた精子を注射器を用いて、パートナー女性の膣内に注入する方法です。

ただし、完全に自己流になるため、感染症や性器負傷のリスクも考えられますし、病院のように顕微鏡で静止の状態を確認したり、遠心分離器にかけて精子の洗浄・濃縮を行うという手順もふまないため、より確実に人工授精を行いたいのであれば、病院で人工授精を行った方が良いと思います。