私たち人間にとって、魚は無くてはならない栄養素です。

魚には良質なたんぱく質にカルシウムはもちろんのこと、アレルギー反応を抑える作用があるDHAやEPAといった希少な栄養素を豊富に含んでいますので、妊活中の女性や妊婦、産後の女性がバランスの取れた食生活を送るうえでなくてはならない栄養素と言えるでしょう。

ただ一方で、妊婦の場合、種類によっては食べるのが危険と言われている魚もあるので、注意が必要です。

私たち夫婦も、不妊治療で第一子を授かったタイミングで、妊活を頑張ったお祝いに熱海に旅行に行ったのですが、食べてはいけない魚の刺身だけは絶対に食べないようにかなり気を付けました、、

妊娠中も魚を食べる機会は多いと思いますので、どんな魚に妊婦は気を付けなければならないのか、その理由と対処法も併せて書いてみたいと思います。

妊婦が食べてはいけないのは水銀を含んでいる魚

妊娠中に注意が必要なのは、水銀を多く含んでいる魚の一定量を超えた摂取です。

後述しますが、妊婦が水銀を摂取すると、お腹の中の赤ちゃんの発育に悪い影響を与える可能性があることが、様々な研究機関から指摘されています。

もちろん全ての魚を食べてはいけないわけではありません。

小さな魚の場合、1匹が含んでいる水銀の量もたいした量ではないので気にしなくてもいいのですが、食物連鎖の関係上、それらの魚を大量に食べている大型の魚の場合、水銀を大量に含んでいるため、「カジキ」「マグロ」「イルカ」「サメ」「クジラ」などの大きな魚の摂取には、その摂取量に十分注意する必要があります。

妊婦、水銀を多く含んでいる魚を食べるのには注意をする必要があるということをまずは知っておく必要があります。

水銀を含んだ魚を食べるとどのようなリスクがあるのか

妊婦の水銀摂取ですが、お腹にいる赤ちゃんにどのような悪い影響が考えられるかというと、胎児への「神経障害」「発達障害」を起こすリスクが指摘されています。

また、厚労省のホームページによると、生まれた赤ちゃんが音を聞いたときの反応が、1/1000秒以下のレベルで遅れる可能性があることが指摘されているようです。

このように、少なからず大切な赤ちゃんに悪い影響を与えることが考えられるのですから、まずは水銀の多い魚を許容範囲を超えて食べないということを気を付けることが大事になります。

水銀を多く含んでいる魚の種類について

ちなみに、どんな魚が水銀を多く含んでいるかというと、

キダイ、マカジキ、ユメカサゴ、ミナミマグロ、ヨシキリザメ、イシイルカ、キンメダイ、ツチクジラ、メカジキ、本マグロ、メバチ、エッチュウバイガイ、マッコウクジラ、コビレゴンドウ、バンドウイルカ

など、比較的大きな魚が指摘されています。

ただ、こうした魚は絶対に妊婦は口にしてはいけないというわけではなく、摂取量を注意して食べてくださいということなので、手間がかかるかとは思いますが、魚を食べる際には、食べて良い許容量を調べたうえで、その範囲内で食べるのが良いかなと思います。

水銀含有量が少ない魚は食べる際気にする必要はない

一方、水銀含有量が少ない魚の場合は、気にせず食べて良いとされています。

先ほどと反対に小さな魚ということになりますが、例えば、キハダ、ビンナガ、メジマグロ、ツナ缶、サケ、アジ、サバ、イワシ、サンマ、タイ、ブリ、カツオなどは、量を気にせず食べても問題ない魚だとされています。

妊婦だけど水銀の多い魚をすでに食べてしまった場合

妊娠に気づくのが遅れた方や、水銀の多い一部の魚の摂取に気を付けるべきだという情報を知らなかった方もいらしゃると思います。

「妊娠3か月だけど、知らずにマグロのお刺身いっぱい食べちゃったよ」というケースです。

例えば、こうした場合については、厚生労働省のホームページを見ると、「妊娠に気づいたときから注意をすることで対応できる」としています。

お腹の中の赤ちゃんは、母親の胎盤を通じて水銀を取り込んでしまうのですが、その胎盤が出来るのが一般的に妊娠4か月ごろなので、胎盤が作られる以前に摂取した水銀については減少するみたいですね。

今できることとしては、まずは今後は水銀を多く含んだ魚の摂取について十分気を付けるということが大事になってくると思われます。

このような妊婦の栄養に関する情報は、厚生労働省や保健所が情報提供をしているため、下記ページを参考にしながら、疑問点や不安点については些細なことでもその都度相談してみるのが良いでしょう。